投資で後悔をするひとが多い

近年の低金利で、銀行に預けるよりも、手持ち資金を何かで運用して利益を上げようと考えている人は少なくありません。そんなときに気軽に手が出せるのは株式投資です。しかし、株は儲けた人ばかりではありません。損をして後悔する人も多いのです。
これまで、「銀行に預けるよりも、株で」と決めてはみても、株を扱ったことのない人にとってはどうすれば儲かるのかわから内のです。株を買ってはみたもののさてどうすればいいのか。後悔するのは損をした場合です。
株は売り買いで利益を得ます。安い値のときに買い入れます。値上がりを待って高くなった時に売ります。この売り買いの値幅が儲けとなります。しかし、株は賭けや博打ではありません。株価の値動きによって収益を得る投資なのです。いつ買うのか、いつ売るのかの判断が重要です。もっとも大きな後悔をするのは利益を得る機会を見逃した時です。
多くの初心者が初めて株を持ったとき、どの段階で売ればいいのか迷います。株価が値上がりを始めたときどこまで待って売るか判断します。
株は必ず儲かるものではありません、だから、儲かるときに確実に利益を得ておきたいと思うのが普通です。今が売り時とは誰も言ってはくれないので、自分で決めて売買します。売った後に高くなれば、もう少し持っておけばよかったと悔やみます。この場合は、少しでも利益が手元に残るのですが、買った株が暴落するなど、買い入れ価額を下回れば損をすることになります。株価の見極めは素人には難しいものです。
結論として言えば、「生活資金は投資すべきでない」と言えます。生活費は決して株購入の資金に使うべきではないのです。生活費とは別の、余裕のある資金を使って投資すべきなのです。
投資は、お金の動きに一喜一憂しないのが後悔しないことです。